青山パン祭りオリジナルZINE
new
5e268b59fa03d7141ee08364 5e268b59fa03d7141ee08364 5e268b59fa03d7141ee08364 5e268b59fa03d7141ee08364 5e268b59fa03d7141ee08364 5e268b59fa03d7141ee08364

青山パン祭りオリジナルZINE

1,000 JPY

About shipping cost

青山パン祭りは、2018年春より 『表現者としてのパン屋さん』の探求を続けています。 パン屋さんは、パンで何を『表現』しているのか? どんな想いが、その一つのパンに込められているのか。   小麦・酵母・水・塩の材料と職人の技術によって生まれるパンは、 シンプルでありながら奥深い作品です。 たとえ同じレシピでも、作る人、仕込む環境が変われば、 全く違う作品となるのがパンの面白いところ。 第16回目となるパン祭りでは、パン職人さんの想いや個性を追求するため「酵母のテロワール」をテーマに取り上げました。 そもそもパン酵母の働きとはなんでしょうか? ただ生地を膨らませるだけでなく、酵母をどう組み合わせ、活かしていくかでパンの風味や食感が変わってきます。 どんな酵母でどう発酵させるか? そこには、職人のこだわりが垣間見れるはず。 ちょっとマニアックな視点ではありますが、職人さんの世界を覗いていけたらと思います。 Instagramで写真にてご紹介しているパンの数々が、ZINEの中ではイラストレーター エイドリアン・ホーガンの愛らしい イラストになって並び、パンの味わいについての情報も掲載しています。